指導者および参加アーティスト

世界トップの音楽家たちが集う


石見銀山国際音楽アカデミーは、プロの音楽家から音楽愛好家まで幅広い層への指導を行います。
世界的に活躍する音楽家たちを招き、本物のクラシック音楽の香りに溢れた素晴らしい演奏をお届けするとともに、若手音楽家の育成や楽器愛好家のみなさまを対象にした質の高い指導を提供します。

 

石見銀山国際音楽アカデミー音楽監督
石見銀山国際音楽アカデミー実行委員会代表

破魔 澄子 ヴァイオリン

Sumiko Hama Prévost, Violin

東京生まれ。5歳よりヴァイオリンを始め、村山信吉、鷲見三郎、ジャンヌ・イスナール、斉藤秀雄各氏に師事。 桐朋学園高校音楽科卒業の後、米国ミネソタ大学でノーマンキャロル氏(後にフィラデルフィア交響楽団コンサートマスターに就任)に師事。学費全額免除でジュリアード音学院に入学、ジョセフ・フックス氏に師事。室内楽をアーサー・バルサム氏、リリアン・フックス女史等に学ぶ。ロックフェラー財団奨学金も授与される。卒業後フランスにてジョセフ・カルベ氏に師事。 1976年フランス国立管弦楽団に正団員として入団、ヨーロッパのメジャーオーケストラ初の外国人奏者となり、アジア人女性音楽家として欧米楽壇へのパイオニアの一人として活躍。アメリカ、カナダ、スエーデン、ポーランド、台湾など世界各地のオーケストラと共演、リサイタル、室内楽等でも欧米、アジア、日本など世界各国の都市で演奏活動を行っている。 2008年に岩見銀山に居を構え日本での活動もはじめる。2015年より石見銀山マスタークラス(2017年より石見銀山国際音楽アカデミー)を開催、アカデミー音楽監督として活躍している。 現在、パリ、島根県大森町、東京を拠点に活動。日本における居住地は島根県大田市大森町。

 

 

 

トーマ・プレヴォ フルート

Thomas Prévost, Flute
フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団 首席フルート奏者/パリエコールノルマル音楽院 教授

 10歳から17歳までジュネーブ音楽院で学ぶ。アンドレ・ぺパンに師事。ジュネーブ音楽院からPrix de virtuosité 授与される。17歳でパリ国立高等音楽院入学、フルート科教授のジャン=ピエール・ランパルとアラン・マリオンに、室内楽をクリスチャン・ラルデに師事。
 パリ音楽院時代よりレナード・バーンスタインやカール・ベームなど巨匠たちの指揮で演奏。修士課程中に、ピエール・ブーレーズが結成したアンサンブル・アンテルコンタンポランにアラン・マリオンと共に首席フルート奏者に選ばれるが、その三週間後にフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団から首席奏者としての指名を受け、ブーレーズからの強い説得を固辞して国立放送フィルに入団。ソリストとしても、フランス国立フィルハーモニー、モンテカルロ・オーケストラ、モントルーオーケストラ他数々のオーケストラとコンチェルトを共演している。ペーター・シュライアー、リリー・ラスキン、エマニエル・アックス・ヨーヨー・マ、パメラ・フランク等、多くの世界的音楽家たちとの共演で世界中で演奏活動を行う。アメリカ人ピアニストのアルバート・ロトとは30年以上にわたる共演者としてヨーロッパ、北米、アジアの各国から招かれている。
 日本でもこれまでに各地でのコンサートを行っている。演奏においても指導や教育においても優れた人格者として各方面から尊敬を集めている。故河合隼雄文化庁長官との親交も深く講演と演奏のコラボ企画で全国各地に一緒に出向き、人生を楽しく豊かなものにしてくれる音楽の素晴らしさや文化の大切さを伝える活動に携わってきたことでも知られる。
 世界最高のアーティストの一人としてフランスのみならず日本においても芸術文化の活性化や後進の指導に力を注いでいる。石見銀山国際音楽アカデミーの創設者の一人であり、共同代表およびフルートクラスの講師を務めている。

 

エレーヌ・ドゥヴィルヌーヴ オーボエ

Hélène Devilleneuve
パリ国立高等音楽院教授/フランス・サン・モール・デ・フォッセ地方音楽院教授/フランス放送フィルハーモニー管弦楽団首席奏者

パリ国立高等音楽院でモーリス・ブルグとダヴィッド・ワルターに師事。国際的な音楽祭にソリストとして頻繁に招かれ、モーツァルト、シュトラウス、カリヴォダ、ヴィヴァルディ、ハイドン、メシアン、リゲティといった主要な協奏曲を演奏している。東京国際オーボエコンクール、ワイト島国際オーボエコンクールで入賞。 ソロ活動のほか、フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団の首席ソロオーボエ奏者として活躍。またパリ国立高等音楽院、サンモール国立高等音楽院、ティーニュ音楽院で教鞭をとっている。 室内楽では、ジャン・ギアン・ケイラス、フランソワ・フレデリック・ガイ、M・W・チョン、マガリ・モスニエ、ニコラ・バルデイルー、シン・ノミネ四重奏団、ワンダラー・トリオなどと定期的に共演している。 フィリップ・ユレルとピエール・アンドレ・ヴァラードが設立したコート・サーキット・アンサンブルに1991年から参加し、現代音楽も彼女の音楽生活の中で大きな役割を担っている。これまでにマルタン・マタロン(Trame)、マルク・アンドレ・ダルバヴィ(Interlude)、ジェラール・グリシー、M・ジャレル、A・シャトゥン、A・マルケウス、I・フェデーレ、F・デュリュー、H・デュフールの作品を初演してきた。 レコーディングでは、2016年に村田理香子とオーボエとピアノのためのフランス音楽のアルバムをKlartheレーベルで録音のほか、カーターのソナタ(クラシカ)、フランソワ=ギとのベートーヴェンの五重奏曲(ナイーブ)、ブロートのオーボエとハープのための室内楽(クラシックタレント)、ソリスティ・ヴェネティとのボッケリーニの協奏曲(エラト)、M・W・チョン、K・オノ、M・ヤノフスキとのいくつかの録音(ドイチェグラモフォン、ハーモニア・ムンディ)等が挙げられる。 エレーヌ・ドゥヴィルヌーヴは、ビュフェ・クランポンの公式アンバサダーを務め、「プレステージ」モデルを使用、フランス流オーボエの世界的な影響力に貢献している。ベルテロのリードを使用している。

 

ニコラ・バルデイルー クラリネット

Nicolas Baldeyrou
フランス放送フィルハーモニー管弦楽団首席奏者 リヨン国立高等音楽院教授

ニコラ・バルデイルーは、8歳でクラリネットを習い始めた。クレムリン・ビセートル市立音楽院でピエール・ビロー氏に、サンモール・デ・フォッセ音楽院でヴェロニク・フェーヴル氏に、14歳でパリ国立高等音楽院でミシェル・アリニョン、ジェローム・ジュリアン・ラフェリエール氏に学ぶ。 大学院に入学前に満場一致でバスクラリネットのレオン・ルブラン特別賞(ジャン=ノエル・クロック師)を受賞。 卒業後、1998年にARD国際音楽コンクール(ミュンヘン)、1999年にドスエルマナス国際クラリネットコンクール(スペイン)、2001年にICAヤングアーティスト・コンクール(米国)に入賞。 また、カール・ニールセン賞(オーデンセ)、ジュネス・ミュージカル賞(ブカレスト)、レヴェラション・ド・ラダミ賞、ナティシス財団、Bunkamuraオーチャードホール賞、ライジングスタープログラム(2004年)等を受賞している。 その後、ベルナルド・ハイティンク、カルロ・マリア・ジュリーニ、サー・コリン・デイヴィス、マーラー室内管、クラウディオ・アバド、クルト・マズア指揮フランス国立管と共演した欧州連合ユースオーケストラのクラリネットソリストを経て、チョン・ミョンフン指揮フランス放送交響楽団でソロ、教師、オーケストラ奏者として三役を務め、2011年に第1クラリネットに任命された。2006年からは、リヨン国立高等音楽・舞踏学校でも教鞭をとっている。 最も著名なクラリネット奏者の一人であり、バイエルン放送交響楽団、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団、東京、プラハ、サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ソフィア交響楽団、ジョージ・エネスコ・フィルハーモニー管弦楽団、イル・ド・フランス国立管弦楽団、オーヴェルニュ管弦楽団、カンヌ=プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール・オーケストラーなどの一流オーケストラからソロとして招かれている。ニューヨークのカーネギーホール、アムステルダムのコンセルトヘボウ、パリのシテ・ド・ラ・ミュージック、ケルンフィル、ザルツブルク・モーツァルテウム、ウィーン・コンツェルトハウス、ブリュッセル芸術センター、Bunkamuraオーチャードホール、モスクワ国立音楽院、さらに中国、シンガポール、香港、メキシコでもリサイタルが開かれている。 室内楽では、ベルトラン・シャマユー、スヴェトリン・ルセフ、アントワーヌ・タメスティ、マルク・コピー、フランソワ・サルク、アンリ・ドマルケット、アレクシス・デシャルムなどのアーティストと定期的に共演し、精力的な活動を続けている。ノラ・シスモンディ、アレクセイ・オグリンチュック、ダヴィッド・ワルター、ダヴィッド・ゲリエ、ジュリアン・アルディ、モラゲス・クインテット、エベネ、モディリアーニ、プソフォス、イザイ、アヴィヴ、カルミナ、ミングエ、タリッヒ、フォグラー四重奏団。 現代音楽にも積極的に取り組んでいる。2003年には、エリック・タンギーがクラリネットのソロ作品『カプリッチョ』を、ジャック・ルノが『トルメントーソ』を彼に捧げている。また、2E2M、Court-Circuit、TM+、Alternance、Ars Nova、Sillageなどの現代音楽アンサンブルとも共演している。 新しいレパートリーを探求する情熱と、演奏における真正性へのこだわりから、自然とピリオド楽器に興味を持つようになった。マルク・ミンコフスキー(Les Musiciens du Louvre)、エマニュエル・ハイエム(Le Concert d'Astrée ensemble)、エマニュエル・クリヴィヌ(La Chambre Philharmonique)などから定期的に招かれている。 ビュッフェ・クランポンのエンドーサーとして、クラリネットの発展とエコール・フランセーズの世界的な影響力に貢献している。

 

 

ジャック・デルプランク ホルン

Jacques Deleplancque, Horn
フランス国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団 首席ホルン奏者/パリ国立高等音楽院 教授

 フランス、パドカレ出身。7歳よりポール・キャンティンの元で音楽を学びはじめる。パリのフランス国立高等音楽院において輝かしい成績をのこし、ジョルジュ・バルボトゥーとクリスチャン・ラルデの指導のもと、ホルンおよび室内楽で満場一致の一等賞を得て卒業。
 18歳でジャン=クロード・カザドシュ指揮リール国立管弦楽団のソリストに指名され、クラウディオ・アバドが指揮者を務めたECユース管弦楽団(現EUユース管弦楽団)にもソリストとして招かれた。その後、ピエール・ブーレーズの招きでアンサンブル・アンテルコンタンポランに12年間在籍、ホルンのさらなる可能性を追求するレパートリーでの演奏に貢献してきた。その後フランス国立管弦楽団とも共演。これまで、チェリビダッケ、ヨッフム、マーゼル、バーンスタイン、ムーティ、小澤征爾といった巨匠指揮者たち、近年ではフランス国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団にてM.プラッソン、J.スウェンセン、J.V.ズヴェーデン、T.ソヒエフといった指揮者たちと共演している。ソリストとしても世界中の主要都市で演奏活動を行っており、その演奏は批評家によって各地で称賛されている。
 パリ国立高等音楽院の教授として若手音楽家の指導にも力を注いでおり、その指導力は世界中で高く評価されている。パリ木管五重奏団メンバー。
 2017年より石見銀山国際音楽アカデミーのホルンクラスの講師を務め、世界を代表するホルン奏者として日本においてもその知名度を高めている。

 

 

ミロスラフ・セケラ ピアノ/室内楽

Miroslav Sekera, Paino
プラハの春音楽祭公式ピアニスト/プラハ大学専任

 3歳からピアノを始め、ヴァイオリンとピアノを同時に学ぶ。こどもの頃よりコンサート出演や様々なのジュニアコンクールで優勝し注目を集める。その存在は映画監督の巨匠ミロシュ・フォアマンの目にとまり、アカデミー賞受賞映画「アマデウス」にピアノとヴァイオリンの両方を演奏する天才少年モーツァルト役に抜擢されるという異色の経歴を持つ。
 プラハ音楽院に入学しピアノ専攻を決心、E.ボグニオヴァー、M.バリーの各氏に師事。その後プラハ芸術大学を首席で卒業。M.ランゲルに師事。マリアーンスケー・ラーズニェ国際ショパンピアノコンクール(1991年)、パルドゥビツェ音楽院学生コンクール(1992年)、プラハ芸術大学コンクール(1999年)でそれぞれ第1位、フランスのアディリア・アリエヴァ国際ピアノコンクール第2位(2000年)、オーストリアのブラームス国際コンクール第1位(2002年)など輝かしい受賞歴をもつ。
 これまでにソリストや室内楽奏者としてウィーンのコンツェルトハウス、楽友協会ホール、ワシントンのケネディセンターなど世界中の都市に招かれ演奏。メゾソプラノ歌手ダグマル・ペツコヴァーやホルン奏者ラデク・バボラークなど世界的な音楽家たちと共演している。プラハ交響楽団、プラハフィルハルモニ一等からは頻繁にソリストとして招かれている。2016年プラハのドヴォルザークホールでのルドルフ・フィルクスニーピアノ音楽祭にデビュー、2018年に2年ぶりに招かれ音楽祭をしめくくる最後のピアニストとしてドヴォルザークホールで大成功を収める。2017年ニューヨーク音楽協会よりSalon de Virtuosi賞を受賞。
 録音では、2006年にチェコ音楽財団の助成を得てブラームス、スカルラッティ、モシュコフスキーのピアノ曲を収めたCD、またボストンの現代音楽作曲家J.サマーによる3枚のCD、2013年にはチェコフィルのコンサートマスターのジョセフ・シュパチェクとのCDがリリースされている。2018年にはヤナーチェック、モーツァルト、ショパンの作品を収録したCDがリリースされ絶賛されている。チェコ放送局に定期的に出演するなどメディアを通じても人気を得ている。
 日本では2017年より石見銀山国際音楽アカデミーのピアノクラス・室内楽クラスの講師を務め、2017年にジョセフ・シュパチェクとの共演で東京オペラシティコンサートホールで演奏し好評を博した。

 

 

 

 

生 島 繁 クラリネット (2017/5/7島根・川本町公演に出演)

Shigeru Ikushima, Clarinet

国立音楽大学在学中、フランス政府給費留学生として渡仏。仏ルーアン国立音楽院でクラリネットを J・ランスロに師事する。同音楽院を一等賞で卒業したあと、マスタークラスも修了。W・ボイケンスにも師事する。フランス政府ソリスト資格試験第一位。フランツ・リスト室内管の首席奏者としてヨーロッパ各地に演奏旅行。クリーブランド・クァルテット、ロストロポービッチ、J.P.ランパル、M.アンドレ各氏と室内楽演奏会を行う。その後、フランス国立トゥールーズ・キャピトル管弦楽団の首席クラリネット奏者となる。在籍中は世界各地への演奏旅行、またEMI、ドイツグラムフォンなどで70枚ちかくのレコーディングを行う。室内楽は木管五重奏団と八重奏団のメンバーとして活躍。ソリストとしては新日本フィル、東響、トゥールーズ・キャピトル管と モーツァルト、コープランド、フランセ、R・シュトラウス等のコンチェルトを共演。1995年、国立音楽大学に招かれ、26年間の滞仏生活に終止符をうち日本に帰国。日本、ベルギー、イタリア、フランスのクラリネット国際コンクールに審査員として招かれている。CDは「生島繁クラリネットシーン」5枚組アルバムがフォンテックより発売されている。

 

 

横 川 晴 児 クラリネット (2017/5/12東京・ヒルサイドテラス公演に出演)

Shigeru Ikushima, Clarinet

1968年に渡仏、ジャック・ランスロ、ユリス・ドゥレクリューズ他に師事。ルーアン音楽院、パリ国立高等音楽院をともにプルミエ・プリを得て卒業後、フランス国内で演奏活動を行う。帰国後東京フィルハーモニー交響楽団を経て’86年にNHK交響楽団首席奏者に就任。ソリストとしても、N響定期公演はじめ国内外のオーケストラとたびたび共演。室内楽の分野では、国内外において数々の音楽祭・演奏会で著名なソリストたちと共演している。’01年にはブラームスのクラリネットソナタ集をリリース、「レコード芸術」誌では特選に選ばれ、同時に行ったリサイタルも話題となった。‘02年からは軽井沢国際音楽祭の音楽監督を務めている。‘09年NHK交響楽団より長年の功績に対して贈られる「有馬賞」を受賞。‘10年2月同団を定年により退職。トゥーロン国際コンクール、ジュネーブ国際コンクール、デュティユ国際作曲コンクール、ニールセン国際コンクール、日本音楽コンクール等で審査員を務める。また、国内外で後進の指導にあたるほか、近年は指揮者としても活動している。国立音楽大学客員教授、トート音楽院学院長、ビュッフェ・クランポン社及びリコ・インターナショナル社専属テスター。

 

 

パトリック・メッシーナ クラリネット

Patrick Messina, Clarinet
フランス国立管弦楽団 首席クラリネット奏者/ロンドン王立音楽院 客員教授/パリエコールノルマル音楽院 教授

 南仏ニース生まれ。父の手ほどきでクラリネットを始め、ニース音楽学校入学。その後パリ国立高等音楽院に入学しギー・ドプリュス、ミッシェル・アリニヨンに師事。18歳の若さでクラリネット科と室内楽科を首席で卒業。その間パリでビュッフェ・クランポン国際コンクールに史上最年少(14歳)で第1位受賞。1992年ユーディ・メニューイン財団賞受賞。1994年フランス外務省よりラヴォワジエ奨学金を授与されて渡米、クリーヴランド音楽院ではフランクリン・コーエンのもとで学ぶ。
 1996年 East & West Artists International Audition第1位、カーネギーホール内ヴェイル・リサイタルホールでニューヨークデビュー。1996年から2003年までニューヨークのメトロポリタン歌劇場管弦楽団の奏者として活躍、ジェームス・レヴァイン、ヴァレリー・ゲルギエフ、レオナード・スラトキンらの指揮で演奏。2003年にクルト・マズアに招かれフランス国立管弦楽団の首席奏者に就任。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団、シカゴ交響楽団、その他世界各地の主要オーケストラにも客演し世界的マエストロたちと共演している。室内楽でもエディタ・グルベローヴァ、ジャン・マルク・ルイサダ、ゴーティエ・キャプソン、ベルリン・フィルメンバーによるフィルハーモニア四重奏団その他と共演。2012年リッカルド・ムーティ指揮フランス国立管弦楽団とモーツァルトのクラリネット協奏曲をCD録音、それまでの20年間で最も優れた演奏だと批評家たちの絶賛を浴びた。
 2017年より石見銀山国際音楽アカデミーのクラリネットクラスの講師を務め日本においても若手音楽家たちの指導に力を注いでいる